萩原医院ブログ

2013年7月24日 水曜日

ご家族に大腸がんを患った方がいる場合には

大腸がんに掛かる人は、2001年には国内で10万人を超えました。
大腸がんは高齢になるほど掛かりやすくなります。
40代ごろからは、定期的に検診しましょう。

特に、健康診断などで大腸がん検診が陽性であった方、血便や下腹部に痛みのある方、大腸ポリープや痔などの指摘されたことがある方は、港北区大倉山にある当院で、一度大腸内視鏡検査を受けてください。
また、ご家族に大腸がんを患った方のいる方についても、健康診断のつもりで検査を受けられることをおすすめします。
がんは遺伝するものとしないものがありますが、大腸がんについては、遺伝傾向が強いとされています。

大腸がんは、男性が掛かる率が数字的には多いのですが、実は女性のがんによる死亡原因の一位となっています。
ご心配の方は、当院までご相談ください。

投稿者 医療法人社団荻原医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
スマートフォン・モバイルサイトはこちら
アクセス


大きな地図で見る
〒222-0037
神奈川県横浜市港北区大倉山3-7-17

お問い合わせ 詳しくはこちら