萩原医院ブログ

2013年10月29日 火曜日

女性に大腸癌が多いわけ

港北区大倉山にある当医院では、内視鏡による大腸検査を行っています。
最近、大腸がんを患う女性の方が多くなっています。

なぜ女性に大腸がんが多いのかと言いますと、男性には出来にくい横行結腸、小腸に近い盲腸にも癌が発生するからです。
便がたまり続けて便と腸壁との接触時間が長いことが原因です。
また便秘の方は、恥ずかしがって検査を受ける方が少ない為です。

検査が必要な方は、まず便鮮血反応で陽性になった方や下腹部通や便通異常、便の細い方などの自覚症状のある方は、大腸検査をお勧めしています。
また家族に大腸癌になった方がいる方などは、早めに大腸癌検査を行って頂きたいものです。
大腸の健康の為に食物繊維を多くとる食生活も大切です。

投稿者 医療法人社団荻原医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
スマートフォン・モバイルサイトはこちら
アクセス


大きな地図で見る
〒222-0037
神奈川県横浜市港北区大倉山3-7-17

お問い合わせ 詳しくはこちら