萩原医院ブログ

2015年5月18日 月曜日

大腸がんが増えている今だからこそ

近年、日本人の生活が欧米化していることに関連して、大腸がんにかかる人が増えています。
大腸がんでは、自覚症状はほとんど見られませんから、定期的な検査で自己管理を心掛けることが重要です。

大腸がんを発見する方法としては、大腸がん検診があります。
もしもここで病気が疑われたら、できるだけ早めに次の検査ステップへと移行する必要があります。
そうした患者様のために、当院では体への負担が少ない大腸内視鏡検査を行っております。
意識を失わない程度の麻酔を行い、検査を行いますので、痛みや苦痛を感じることはありません。

港北区大倉山にある当院には、内視鏡検査のベテラン医師が在籍しております。
気になることがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

投稿者 医療法人社団荻原医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
スマートフォン・モバイルサイトはこちら
アクセス


大きな地図で見る
〒222-0037
神奈川県横浜市港北区大倉山3-7-17

お問い合わせ 詳しくはこちら