萩原医院ブログ

2015年7月28日 火曜日

胃カメラの検査をするきっかけについて

胃カメラの検査をするきっかけは、毎年うけている健康診断だから、という理由が一番多いです。
定期的に検査を受けていただくのは、健康管理にとても有効です。

しかし、それ以外に胃カメラの検査をイレギュラーに受けて頂きたい場合があります。
たとえば食べ物が飲み込みにくい、食べるとすぐ吐いてしまう、胃もたれがひどい、食べても体重が減っていく、などといった症状があった場合、できるだけ早く検査を受けることをおすすめします。
胃がんなどの病気の可能性もあります。

港北区大倉山にあります当院では、大病院よりも迅速な予約対応ができ、体や時間にも苦痛の少ない検査が可能です。
胃の具合に不調を覚えることがございましたら、早めの受診をおすすめいたします。

投稿者 医療法人社団荻原医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
スマートフォン・モバイルサイトはこちら
アクセス


大きな地図で見る
〒222-0037
神奈川県横浜市港北区大倉山3-7-17

お問い合わせ 詳しくはこちら