萩原医院ブログ

2017年4月27日 木曜日

内視鏡検査で分かる病気とは?港北区大倉山にある当院へ

空腹時におなかが痛くなる、胸やけや吐き気がある、胃が痛い、食べると胃が重いと感じるといった症状があるのなら、内視鏡検査を受けるべきです。



内視鏡検査を受けることによって、胃がんや胃炎さらには食道がんや食道炎などのさまざまな病気の早期発見につながります。精度が高く、一度で確実な検査を行えるため、時間的な都合も合わせやすいものです。



また、病気の部分を直接採取してさらに詳しく調べることも可能ですので、開腹手術を行わずにポリープ切除もできます。



内視鏡検査を受けることを考える方は、まずは港北区大倉山にある当院にご相談ください。経験豊富な熟練のベテラン医師が担当し、待たずにすぐに検査を受けられます。吐き気がしない経鼻内視鏡を導入しているため、口からだと吐き気がするという方も、安心して検査を受けられます。



内視鏡検査を受けて、さまざまな病気を確かめることには大きな意味があります。病気が進行していた場合は治療期間も当然長くなり、手遅れになってしまう場合もあります。元気に生活を送るためには、何も体に問題がないかを知らないといけません。



いざ大きな病気が発覚した時にあたふたしないようにするために、内視鏡検査を受けてみてはいかがでしょうか。とくに、しばらく内視鏡検査を受けていない方は、早めに検査を受けた方が良いでしょう。

投稿者 医療法人社団荻原医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
スマートフォン・モバイルサイトはこちら
アクセス


大きな地図で見る
〒222-0037
神奈川県横浜市港北区大倉山3-7-17

お問い合わせ 詳しくはこちら