萩原医院ブログ

2017年6月 3日 土曜日

内視鏡治療が不安という方も港北区大倉山にある当院へ

内視鏡検査は、胃や腸に向けて直接内視鏡を送り映像で確認する検査方法です。通常見えない内臓の様子が見られるので、潰瘍やがんなどの病気を早期発見し、症状が悪化しないうちに治療を始められます。

日本人の死因トップががんということを考ると、内視鏡検査は非常に重要ですが、中には辛い検査だと聞いて尻込みする方もいます。辛いからと検査を避けては、大病を見逃す可能性も出てくるため、内視鏡検査が不安な方は、港北区大倉山にある当院で内視鏡検査を受けてみてください。

当院では辛さを避けられるように、様々な方法で楽に受けられる内視鏡検査を目指しています。まず内視鏡は、経鼻内視鏡を採用しているため経口内視鏡よりも苦しくありません。かつては難しかった経鼻内視鏡も、技術進歩で実際に使えるようになったため、昔内視鏡検査で苦しかったという方なら、非常に快適な気持ちで検査を受けられます。

技術進歩は機械だけではなく医師の技術にも現れています。当院で内視鏡検査を行う医師は、長年検査を手がけてきたベテラン医師で、どうすれば苦しくないかを意識してくれるため、安心して検査を受けられます。もちろん検査する際のチェックも非常に細かく、素人目にはわからない異常も見つけて病気の早期治療に貢献します。

内視鏡検査に不安や苦手意識を持つ方は大勢いらっしゃいますが、定期的な検査は非常に重要です。少しでも健康でいられるように、港北区大倉山にある当院で定期的に内視鏡検査を受けてください。

投稿者 医療法人社団荻原医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
スマートフォン・モバイルサイトはこちら
アクセス


大きな地図で見る
〒222-0037
神奈川県横浜市港北区大倉山3-7-17

お問い合わせ 詳しくはこちら